すっぽんサプリメント徹底比較ランキング

画像

天然と養殖のすっぽんの相違点

天然のすっぽん、養殖のすっぽん、あなたはどちらを食べたことがありますか?
高級料亭や高級専門店で食べるすっぽん料理は、もしかしたら、天然のすっぽんかもしれません。
それ以外の比較的手に入れやすいものは、養殖のものになります。
それだけ手に入れることが難しいのがすっぽんの特徴だということです。

希少価値のある鼈でも、お店に行けば食べることができるようになったのは、養殖物のおかげです。
夏でも冬でも食べることができるから、これだけ人気のある健康にいい食べ物になったのかもしれません。
さらに天然物だけしかなかったとしたら、一般の人も手に入れることが難しく、そう簡単に食べることができなかったでしょう。

天然物は水のきれいな場所に生息しているものが最適です。
泥が多い水だとやはり泥臭い匂いがしてしまうからです。
養殖物というと、浜名湖のすっぽんが有名です。

浜名湖でもう一つ有名な養殖物というとうなぎです。
湖という場所が養殖を行うのに適しており、ノウハウや設備が整っていることもあり、おいしいで有名です。
すっぽんの養殖期間は3年ほどで市場に出回ります。

しかし、天然物はさらに長く5年以上経ったものを食べることが多くなります。
食べるまでにはかなり時間がかかり、これも希少価値を高めることにつながっています。
養殖のすっぽんの色は、薄い緑です。

天然物は茶褐色や黄色といったもう少し濃い色をしています。
生息環境の違いにより、色も少し変わってくるようです。
天然物のほうが身が引き締まっていて、筋肉も鍛えられているため、活きのよさからいえば、天然物が一番でしょう。

通常食べようとする場合は、養殖物でも問題ありません。
お店で活きのいい天然物が入ったときには、ぜひ食べにいくようにしてください。
天然物は貴重な食材ですから、なかなか食べる機会はありません。
もし偶然にも食べることができたときには、幸運だったと思っていいでしょう。
すっぽん活用でアンチエイジング効果も期待出来るので、是非一度お試しください。
▼もっと詳しくすっぽんについて知りたい方はこちらも参考にご覧ください。


Contents

Ranking

    オススメNo.1サプリ
    すっぽん小町

    ダイエット向き
    肥後すっぽんもろみ酢

    すっぽんしじみ粒

    もちもちすっぽんコラーゲン

    SPプレミアムコラーゲンゲル

Ranking for man

Copyright© 2010 Propolis and cancer All Rights Reserved.